お知らせ

お知らせほど良い弾力の生地が特徴の柏餅

更新日:2018年04月3日
ほど良い弾力の生地が特徴の柏餅

柏の葉は、若い葉が出ないと古い葉が、落ちないところから『跡継ぎが絶えない』という縁起をかつぎ、武家社会を中心に広まり男の子の健やかな成長を祈って柏の葉でくるんだ餅を食べるようになったとか。
嘉永から慶応の頃の風俗を記した『絵本江戸風俗往来』によると(市中みな柏餅を食う。この柏餅は手製なり。また菓子屋へ注文するあり)と江戸では宝暦の頃から菓子屋で売られていたようです。
鶴屋八幡の柏餅は、独自に配合した餅粉と米粉を直火で煎って、生地の艶と張り、そしてほど良い弾力の生地が特徴。又、中の漉し餡は、国産小豆をじっくりと炊き上げ生地と相性の良いあっさりとした柏餅に仕上げました。
※発売時期は詳しくは、生菓子取扱い店にお問い合わせください。

取扱店舗

お知らせ端午の節句に食べる粽(ちまき)

更新日:2018年04月3日
端午の節句に食べる粽(ちまき)

端午の節句に食べる粽(ちまき)は、柏餅以上に歴史のある食べ物です。
平安時代には、すでに宮中行事の端午の儀式で使われていたそうです。
起源として知られているのが中国の屈原の故事で、紀元前300年~400年頃、楚の国が秦に侵略され衰えて行くのを悲しみ汨羅(べきら)と言う湖に投身。
それを惜しんだ人々が供養の品として作ったのが、粽の始まりとされています。鶴屋八幡の粽は、上新粉ではなく、吉野本葛を使った『葛ちまき』と葛に漉し餡を混ぜた『羊羹ちまき』が数量限定にて、店頭に並びます。
※発売時期は詳しくは、生菓子取扱い店にお問い合わせください。

取扱店舗

新商品白小倉あん舞鶴

更新日:2018年2月16日
白小倉あん舞鶴

「北海道産白小豆」を使い、丁寧に粒を壊さないように炊き込み白小倉あんに仕立て上げました。
従来の舞鶴共々ご贔屓いただければ幸いです。

  • 1個 税込238円
  • ※店舗にて販売(オンラインショップでの取り扱いはございません。)

お知らせ弊店の「いただき」が【外務大臣賞】を授与されました。

更新日:2017年09月28日
弊店の「いただき」が【外務大臣賞】を授与されました。

『2017年第27回全国菓子博覧会・三重』に於いて
弊店の「いただき」が【外務大臣賞】を授与されました。

オンラインショッピングにてお買い求めいただけます。

オンラインショップ
このページの先頭へ