資料室

菓子絵図帖

お得意様に説明したり、ご注文を承る、また意匠の伝承等の為、菓子絵図帖を制作します。鶴屋八幡には江戸時代より伝わる多くの菓子帖が保管されています。その中から抜粋しました。
これらの菓子帖の中には、判読しづらいもの、復元が困難なものも一部ありますが、多くの菓子が、受け継がれ現在も、お茶席や店頭でご利用いただいております。

  • [鶴屋八幡の基本となる絵図帖のひとつ]
  • [菓子絵図帖-天保三年(1832年)]
  • [鶴屋八幡の基本となる絵図帖のひとつ]
  • [職人達が書き写した絵図帖]
  • 鶴屋八幡菓子帖(明治時代)
  • [左の菓子帖の一部(お好み菓子の部)]
  • [菓子帖  (江戸時代)]
  • 安政から慶応にかけて書き留められた菓子帖。値段の符牒やお好み菓子が細かく記録されています。
  • [時代により値段の改正記録がされています。]
  • [菓子絵図帖  (江戸時代)]
  • [数多くのお得意様のお好み菓子を記録したものです。]
  • 文化年間より代々書き加えられ、実際に使われていた絵図帖です。
※現在、資料室は非公開のため、文献・その他資料についてのご質問やお問合せは受け付けておりません。 予めご了承ください
このページの先頭へ