鶴屋八幡のこだわり

弊店では、秀逸な菓子作りのために、自社工場にて熟練した職人によって丁寧に製餡致しております。

たんばだいなごんあずき

大粒で光沢が美しく、特に風味の良い小豆です。
宝永二年、 当時の藩主が丹波地方に産する小豆を「比類なき美味である」 と賞賛し、増産を奨励しました。藩はこれを幕府、さらに天皇 への献上品としました。

丹波 大納言小豆
商品を見る

たんばくろだいず

標高500~600mの丹波地域は気候風土に恵まれ、丹波黒大豆という名産品を生みだしました。
丸くて大粒の黒大豆は、 煮ても色褪せることなく艶のある美しい黒色をしています。
口当たりが滑らかで甘みが強く「畑の肉」の代表的な豆です。

丹波 黒大豆
商品を見る

しろあずき

一般には、ほとんど出回らないもののひとつに、生菓子に欠かせない白小豆があります。弊店では、永年、産地農家 と契約を結び、安定した白小豆の確保と、より良いもの作りを目指して精進をいたしております。

白小豆
商品を見る

かんてん
寒 天

「ところてん」から寒天をつくる技術は、一説によると、厳冬のある日薩摩藩主島津光久候が参勤交代の途中、山城国伏見(京都市伏見区)に宿泊の折、その御膳に出された「ところてん料理」の残りを、その宿屋の主人が、屋外に放置していたところ、偶然冬の寒気と昼の日差しで、その「ところてん」が、「凍結・解凍・乾燥」を繰り返し白く乾燥した物「寒天」になっていたそうです。

鶴屋八幡では、寒天の角がピンと立っている良質のものを、それぞれの商品に合わせて使用しております。

商品を見る

くずこ
葛 粉

大和の国、吉野郡の国栖(くず)には、古よりそこに群生している曼草(かずら)を食用にしたり、繊維を織物にしていた所から、その曼草を「くずかずら」と呼び、いつしか『くず』と呼ぶようになったそうです。

葛は独特の風味を持ち、粘度や透明度が長時間保たれる長所を利用して、高級和菓子や料理の材料として、使用されております。特に和菓子の世界では、葛なくして夏は越せないと言われるほどです。

鶴屋八幡では、このようにして出来た吉野本葛を夏の葛菓子などに使用しています。

(資料提供 吉野葛本舗 黒川本家)

葛 粉
このページの先頭へ